海外進出なら香港がおすすめ!香港での会社設立方法

ロゴ
>Column>海外進出を狙おう!会社設立に必要な決めごと

海外進出を狙おう!会社設立に必要な決めごと

握手

会社設立に必要な条件

香港で会社設立するには、最低限、会社名や株主構成などの必要事項を決めておけばOKです。現地にいない日本人でも会社を作ることはできますし、満18歳以上の株主と取締役最低1名がいれば可能です。もちろんこれは兼任できますので、実質1人きりでも設立は可能。香港永久住民または香港法人の会社秘書役が必要ですが、これは委託も可能です。登録住所は香港で住所を借りればOK、身分証はパスポートコピーで問題ありません。会社名は英語と中国語で用意する必要がありますので、類似商号がないかどうかは調査が必要です。登記は代行するサポート事務所に依頼するのが最も確実で、依頼するなら当人がすることはほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

香港

会社設立の流れ

香港で会社設立する流れをまとめておきましょう。まず法人の会社名の予約が必要で、会社登記所に類似がないか確認します。使えない場合のために候補を3つほど用意しておくといいでしょう。次に法人の登記住所を準備します。ただ、香港では設立前に賃貸契約は出来ませんので、この時点では住所を借りるのが一般的です。サポート事務所に登記代行を依頼する際に、一緒に住所貸しも相談すると良いでしょう。次が定款と登記資料の作成です。こちらもサポート事務所が進めてくれますので、請求のあった資料を渡せるようにしましょう。そして会社登記所で手続きをし、資本金の0.1%を支払います。登記が完了したら1ヶ月以内に商業登記を行い、商業登録証を取得する義務があります。ここで設立自体は終わりですが、社判を準備して銀行口座を開設しなければ事業は始まりません。資本金を払い込むため、法人口座を開設しましょう。実は近年、会社設立より法人口座の開設のほうが難しくなって来ています。できればここもサポート業者に相談しながら進めたほうが良いでしょう。